【読書感想文】 アレックス・カー「観光亡国論」

 

観光亡国論 (中公新書ラクレ)

観光亡国論 (中公新書ラクレ)

 

  選挙中に私が演説で話した、観光公害に関する内容について「アレックス・カーの『観光亡国論』に、全く同じ内容の話が載ってましたよ」との指摘を受けたので、即購入。

 とは言え、選挙期間中には読んでる時間はありませんでしたから、結局、選挙が終わってから一気に読みました。読み終わった感想としては「これこれ!言いたかったこと全部書いてある。選挙期間中に読んどきゃよかった!」といったところでしょうか。とにかく、京都で起きている「観光公害」の現状分析が、私が選挙期間中に語っていた内容とまったくそのまま重なってました。

 たぶん、この本を読んでいた人が私の演説を聞いたら「あの人、アレックス・カーの本の内容、そのまんま演説してる」って思われていたんじゃないかと心配になるレベルです。

 もちろん、書いてある内容、全部に賛成できるわけではありません、特に「御土居」の内側への宿泊施設建設は認めず、その外側(ただし、東山区は除く)に誘導する。京都駅の南側には高層建築を認めても良いんじゃないかというのは、ちょっといただけません。私が本質的な解決にはならないと指摘してきた「分散化」そのものです。

 著者自身が認めているように、政府の審議会で委員をつとめるなど「観光立国の推進役」としての顔も持っている立場からくる限界もあるでしょう。しかし、そういう立場の人から、こういう「観光公害」の深刻な実態についての現状分析が出てくることが大事です。

 とくに、京都の問題の解決策として「総量規制」が必要だとはっきり認めているのは良い!あと、繰り返し「適切な、管理(マネジメント)と制限(コントロール)」が必要としており、私は「これは行政・政治の仕事だ」と受け止めました。

 海外の事例紹介も非常に参考になりました。日本の観光行政がなんと遅れていることかと、ため息が出てくるレベルで、世界はこの問題に先回りして対策を講じています。もちろん、そのまま真似してもうまくいかないのはハッキリしています。こういう内容をもっと多くの京都市民が知ることが、成功させるカギです。

 ということで、おすすめの一冊です。

選挙中にあった、感動的な出会い・エピソードの数々。

 

f:id:kobakoba3:20190410190113j:plain

 写真は、選挙戦最終日、今熊野・剣神社前付近。やりきった感が顔から出ちゃってます。(ほんとうは枝垂れ桜の素晴らしい景観が写真の右側にあるんですけど、見切れちゃっててもったいないですね)。

 今日は、選挙戦を振り返って、選挙中にあった感動的な出会い・エピソードの数々を、ごく一部ですが紹介したいと思います。

 

 エピソード1・・・東福寺駅前のおかえりなさい宣伝

 東福寺駅前のおかえりなさい宣伝では、本当にいろいろな人から声をかけていただきました。
 私と同世代ぐらいの男性から

「ご本人に会えるとはうれしいです。昨日期日前投票行きました。」
「私ね、共産党って、ちょっと嫌いなんですよ」
「でもね、安倍政権は、大嫌いなんですよ」
「ちょっと嫌いと、大嫌いの比較で、あなたに投票しました(笑)」

 その方から、政策についていくつか質問を受け、私の説明に心から納得いただいたらしく、満足げな顔で握手をして去っていきました。自分の投票が間違ってなかったと確信していただけたかと。

 エピソード2・・・投票日当日

 朝一で、投票所へ。投票を終えて帰る人から「あ!小林くん、入れといたで!」などと、次々と声かけいただきました。顔見知りがこの4年間でものすごく増えたのも実感できました。

 中でも嬉しかったのは、18歳・今回がはじめての選挙権行使となった同じマンション住民の息子さん。7年前、この子が小学生の時に「なんでうちのマンション町内会がないの?」「(学区民)運動会、出たいよお」とお母さんに話したのがきっかけで、その話を聞いた私が、半年かけてマンション内町内会を立ち上げたという、まさに、私の地域活動のきっかけをくれた子供(当時)です。

「小林さん、白坂さんの政策が一番具体的で何をするかわかりやすかったので投票しました」

 とのことで、立派に成長してくれて、握手した時、思わず涙で目が潤みました。

 エピソード3・・・投票日翌日

 支援の御礼のあいさつ回りで、自称・保守のお兄さんのところにも立ち寄りました。
 訪問をとても歓迎してくださり、意見交換では、自衛隊のあり方についての考え方も含めて、突き詰めていくと非常に一致点が多いことがわかりました。
 とくに、低得票率・指定席化からくる、政治に緊張感が無くなってしまう問題については「これは本当に、なんとかしなくちゃ!」と完全に一致。これからもいろいろお話しましょうという事になりました。

 他にも紹介しきれないぐらい、たくさんの感動エピソードがありました。もっと紹介したいのですが、すでに長文なので、今日はここまで。

支援への御礼行脚&がんばってくれた妻へご奉公

f:id:kobakoba3:20190409223322j:plain

 事務所のホワイトボードに書かれた結了票、こうやってあらためて眺めると、なかなかにシビアな結果です。謙虚に、しかし前向きに、受け止めます。

 前回との比較では、
 自民・府会 7,888⇒6,806(▲1,082) 市会 4,401⇒4,069(▲332)
 民主・市会 5,025⇒4,547(▲478)
 共産・府会 4,033⇒4,075(△42)

 当日有権者数が約5%減、投票率が約2%減の中、私だけが何とか前回を上回ることができました。

 昨日から今日にかけて、支援いただいた方々へのあいさつ回りです。訪問や、電話かけ・メール送信などこなしつつ、選挙中に滞っていた家の掃除や地域活動・マンション内の用事などを片付けたりして、忙しく過ごしています。

 今日の午後からは、選挙中、ガンバってくれた妻へご奉公。洗濯物(コインランドリー有能・笑)や買い物などで、一日つきあいました。夜は妻の本来の活動地域である滋賀県大津市の党事務所での会議(後半戦へ向けた選対会議)へ車の送迎も。最後は、夕ご飯を回転寿司で一緒に食べました。

 

ご支援いただいた皆さまに、心から御礼申し上げあげます。

f:id:kobakoba3:20190408222634j:plain

 今日は、朝7時半から、今熊野バス停前・泉涌寺交差点・東福寺駅前・・・と、予定候補者として発表されてから、定例の朝宣伝や、定番の宣伝場所として街頭演説を実施した場所で、選挙結果の報告の街頭演説を実施しつつ、自転車で選挙支援をいただいた団体・個人のお宅への御礼のあいさつ回りに、自転車で走り回りました。
 せっかくなので、日本共産党の幟旗を立てて。選挙も終わりましたし、もうこれ以上支援者の皆さまのお手を煩わせるわけにもいきません。終日単独行動です、写真も自撮りです。

 移動中、色んな人からお声掛けをいただきました。ねぎらい・激励のお言葉に、感謝が止まらない一日でした。

 皆さん一様に話していたのは、投票率の低さでした。37.69%・・・低すぎます。政治への期待・関心の低下は民主主義の危機です。この問題については、今後あらためて原因分析や実態調査を深めたいと思います。

 あと、現職の府・市会3候補が全員1割~2割近く得票を減らした中、得票を維持・前進させたことについても、皆さまからお褒めいただけました。自分としては、ホントはもっととりたかったんですけどね。

 とにかく、もうすでに一斉地方選挙の後半戦はもう始まってますし、夏の参議院選挙の準備も加速させなくちゃいけません。「政治に一服なし」です。引き続きガンバります。

結果は落選-掲げた公約の実現へ、引き続き1人の住民の立場からとりくんでまいります。

www.nhk.or.jp

 

f:id:kobakoba3:20190408013028j:plain

 結果は落選、自分の力不足を痛感しています。ご支援いただいた皆さまに、結果で報いることができず申し訳ありませんでした。

 最終投票率が、過去最低だった前回比でさらに2ポイントも下がったのを見たときには、ゾッとしました。指定席化が引き続き進行する下で、ますます政治への関心が低下するのを止められなかったということです。民主主義にとって危機的な状況だと思います。

 一方で、そんな中でも、前回比で少しでも絶対得票数を増やし、得票数差を縮められたことで、最低限の責任は果たせたのかなと、ホッとしている部分もあります。

 ということで、今後は1人の住民の立場から、掲げた公約の実現へ向けて、引き続き奮闘していく決意です。

明日の投票日 「白坂ゆうこ」「小林たかひろ」と、投票用紙に書いてください。

f:id:kobakoba3:20190406215900j:plain

 写真は、産寧坂の石階段。朝8時過ぎだというのに、観光客の多いこと!

 歩きながら、証紙付きビラを開店準備中の皆さんに配りながら、ところどころで止まって演説をくり返します。観光客からスマホで撮られまくりました。SNSでアップしてる方がおられましたらお知らせください(笑)

 今回の選挙、ほんとうにやるべきことをやりきった充実感があります。支えてくださる党員・後援会員の皆さまも、本当によくがんばっていただきました。あと1日ありますが、感謝の気持ちが抑えきれません、フライング気味に心からありがとうございましたと言いたいです。

 さて、明日はいよいよ投票日です。投票所にしっかり足を運んでいただくための棄権防止のための声かけ(電話かけ)の活動を、投票箱の蓋が閉まるまでガンバります!

 日付が変わる前に、あらためて呼びかけます。明日の投票日、「白坂ゆうこ」「小林たかひろ」と、投票用紙に書いてください!

あと2日! 東山区の自民党がいよいよおかしいです。

f:id:kobakoba3:20190405225614j:plain

 今回の選挙戦の新基軸、ウォーク宣伝です。車の入りにくいエリアに、ハンドマイクで流し&定点。スタッフが後ろをついて歩き、「演説場所(街頭・屋内)で配布可能な証紙付きビラ」(今回の選挙から新たに導入されたもの)を配布しまくります。

 候補者もスタッフも生き生きと動けて、通行人ともたくさん握手をできるし、楽しい活動です。

f:id:kobakoba3:20190405230027j:plain

 そして、夜は、屋内演説会としては最後の締めくくり。地元・福稲の白鳥会館での演説会でした。

 前々回(8年前)は演説会すら開けなかった会場です。前回(4年前)は、開催したは良いけど、結局地元・福稲の参加者というより、月輪学区全体からかき集めてようやくギリギリ形になったという感じだった会場です。それが今回は会場いっぱいに、地元福稲からの参加者を中心に、ほぼ満席に聴衆が埋まり、私の住むマンションからも、多数の参加があって、思わず目が潤んでしまいました。

 案内に、歩き回りまくった、月輪後援会の皆様にも心から感謝です。

 さあ、明日は街頭で訴えることができる最終日!気合い入れて頑張るぞ!

・・・・

 ということで、以下、ブログタイトルのお話し。
 こちらが、告示日に私がつぶやいたツイッターです。

 

 こんな感じで、自民党の府会・市会の候補者の連携が全然連携が取れてないことは気になってました。

 でもって、一昨日驚くべき情報が飛び込んできました。なんと、私の対戦相手の自民・府会候補者が、白坂ゆうこさんの宣伝カーに徒歩で近づき、白坂さんの宣伝カーのマイクを拝借して、

 「私は自民党のア〇〇キです。私は、白坂さんを応援してます!」などと街頭で演説をしたと言うのです。もちろんこちらは頼んでもいないのに。
 何を考えているんでしょうか?同じ党の仲間が市会議員候補として死にものぐるいでたたかっているというのに。本当にふざけた行動です。

 日本共産党がすすめる「市民と野党の共闘」にヒビを入れて、あわよくば市会候補の白坂さんの支持票を府会で自分に取り込もうという作戦でしょうか?だとしたら、あまりに稚拙です。白坂さんと日本共産党との厚い信頼関係がそんなことで揺らぐはずがありません。

 マジメにお互いの政策をたたかわせて優劣を有権者に判断してもらう選挙の王道からも、かけ離れた態度です。

 かように、相手陣営は混迷していますが、私はそんなことには惑わされることなく、マジメに政策を語って、堂々と選挙を闘います。

 ともあれ、今回、定数1の32年間続いた自民党の指定席を打ち破る、絶好のチャンスの情勢であることは確かです。明日は街頭で訴えることができる最終日、ますます気合が入っています。