こういうノリは嫌いではないのですが・・・

f:id:kobakoba3:20190222232525j:plain

市民しんぶん

 今日、投函されていた京都市の「市民しんぶん」がこれ・・・

 どうみても新築マンションの広告チラシです。「伝統と革新が融合する」のキャッチコピーも、いかにもマンション・ポエムっぽい。立地の良さを前面に猛プッシュしてるところとか、建設予定地に立ち上る「謎の光の柱」とか、、、右下の「※広告ではありません。」の注意書きが無かったら、本気でマンション・チラシと見間違えて古紙回収ボックスに直行するレベルのクオリティーです。

 マンション・チラシ大好き人間としては、これ作ってるときにいっぱい参考資料見たんだろうなぁとか、打ち合わせで「ここの『3分』のところの文字、赤くしましょうよ!」とか意見出し合ってる風景を想像して「楽しそうに仕事してんなぁ、、、」と。正直、羨ましいです。

 しかし、このしんぶんで紹介している京都経済センターについては、新築・移転そのものについて議会でも賛否両論の議論のあった施設です。入居予定の中小企業団体が40ほどあるのですが、その多くが現在入居している、京都府・中小企業会館と比べて家賃が3倍ぐらいに上がる問題もあります。そもそも中小企業会館を現地で耐震補強できなかったのか?とか、イロイロ議論があったわけです。
 また、マンションチラシというモチーフについても、門川・京都市長が「新景観政策10年の見直し」「市内中心部の高さ制限の規制緩和・新築マンション建築への誘導」を打ち出しているタイミングである & 四条室町という立地がまさにそのマンション建設を誘導するエリアの近くである。 という問題があります。

 市民しんぶんという、すべての市民を対象にした市民サービス=情報提供媒体で、門川市長の施策を、陰に陽に持ち上げるような広報というのはいかがなものかと感じました。もっとストレートに言えば、市長にヨイショして評価をしてもらおうという下心が垣間見えて、不快です。

 オーソドックスな広報に戻せとは言いません。最近の京都市の広報には「もっと多くの市民に読んでもらえる、読んで楽しい広報にしたい」という、意気込みも感じていました。今回の広報もその延長線にあるということは理解できます。しかし、そこに公務員としていちばん大事な「公平性・公正性」の視点があったか?門川市長の施策に反対する、党派・市民もいるのだという当たり前の事実を踏まえてつくっているのか?という疑問もわいてきました。

8時間働けば普通に暮らせる社会を

f:id:kobakoba3:20190221230545j:plain

東山地区労・昼デモ

 今日は、東山・地区労の統一行動&春闘学習会&2019年旗びらきと、東山・地区労のイベントが連続して取り組まれました。写真は、東大路通りの「昼休みデモ」です。沿道からの激励で多いのは修学旅行生の集団からの激励です。やはり労働問題は気になるのでしょう。

 

f:id:kobakoba3:20190221230844j:plain

東山五条交差点

 写真2枚目は、東山五条交差点で街頭宣伝をしているところ。

f:id:kobakoba3:20190221231012j:plain

東山・地区労 春闘学習会

 写真3枚目は、春闘学習会&2019年旗びらきの集会で挨拶をしているところ。白坂ゆうこさんとご一緒でした。東山地区労は「旧暦」を採用しているようで(笑)いつも2月に旗びらきをしています。

 地区労・総評が最近強調しているスローガンは「8時間働けば普通に暮らせる社会」の実現です。これはホントに切実です。特に東山区の職場はサービス業が中心で、どうしても低賃金になりがちです。東山区で平均的な労働者が、8時間労働しただけで東山区内の住宅を借りたり買ったりすることはほとんど不可能でしょう。「普通に暮らす」ことのハードルが高すぎます。

 労働問題は「日本共産党=労働者の党」にとって、一丁目一番地の課題です。まずは現在進行している「お宿バブル」を食い止めて、東山区の職場でもらえるお給料で、東山区内で子育て世代が住宅を確保できる状況をつくりたい。「普通の暮らし」をとりもどすために。

外国人嫌悪に陥らないために

f:id:kobakoba3:20190220130933j:plain

 写真は、東山区ではすっかり日常風景になってしまった、外国人観光客がキャリーバッグを引っ張って歩く風景です。「日常」になったとは言え、あのガラガラとうるさい騒音には慣れることはありません、はっきり言ってウルサイです。

 彼らが本日宿泊するのは普通のホテルでしょうか?それとも「民泊」でしょうか?どちらにしても、車も普通に通行する道路を半分塞いで歩くのは危ないです。またここまで来るのに使った交通手段は、、、おそらく市バスでしょう(鉄道駅との位置関係から見て)。満員・混雑のバス車内で、大きなバックに厳しい視線が送られたことが容易に想像できます。

 こういう風景を見て懸念するのは、東山区の住民が外国人嫌悪に陥ってしまうことです。中国や韓国との、歴史問題がからんだ外交問題は複雑で「単純にこうだ」と決めつけることは絶対にやっちゃぁいけないことです。そして、当事者同士が直接触れ合える「観光」を通じた「交流」は、複雑に絡んだ「外交」問題を解きほぐす上で、本来は推奨すべき事柄です。

 ところが、最近の「観光公害=オーバー・ツーリズム」の状態は、東山区民の「外国人観光客を、大事に お も て な し しよう」という、心のゆとりをゴリゴリと削っていってます。こんな状態が続くのは、お互いにとって不幸です。

 大事なのは、彼らを「金づる」として見るのか?それとも「同じ人間」として、対等の立場で迎え入れるのか?ということだと思います。安倍政権の「観光立国」「インバウンドの取り込み」というアベノミクス路線は間違いなく前者です。

 京都の人にはもともと、観光客の存在に慣れていたり、大学の街でもあるので海外からの留学生と触れ合う機会が多くて「地方からの観光客や、外国人観光客が歩いていても、当たり前の風景と受け止め、ジロジロ見たりしない」という『寛容さ』があります。これが京都観光が、旅行客≒リピーターを引きつける魅力だったはずです。

 観光地としての持続可能性のためにも、「民間外交」の健全な推進のためにも「外国人観光客呼び込み一辺倒」の政治は、もう終わらせるべきです。

 

マンション管理士・法定講習

 今日は、国家資格・マンション管理士の5年毎に受講義務のある法定講習でした。

f:id:kobakoba3:20190219210218j:plain

マンション管理士法定講習テキスト・・・分厚い!

 定例の朝宣伝から会場(京都・日建学院)へ直行、全国一斉なのでテレビ中継です。弁護士や大学教授など4名の講師が、朝9時~夕方5時まで、みっちり講義!なんとまぁ、テキストの分厚いこと!

 過去5年間にあったマンション管理界隈の、法律改正・裁判の判例国交省の統計調査・通達・通知などなど、、、「あぁ、そう言えばこんな事あった、あった」とすでに知っていたものが7割、「へぇ、そんな裁判があったんだ」と、新たに知ったことが3割といった感じでした。

 もちろん「民泊」がらみの国交省の通達もシッカリ解説がありました。解説する先生は、いとも簡単に「規約改正が必要です」とか言っちゃってるんだけど、、、『管理組合が、総会で管理規約を改正するのがどんだけ大変なのか知ってるんかなぁ・・・』と、モヤモヤしながら講義を聞いてました。

 マンション管理士という資格は、人気資格ではあるのですが、不動産関係の仕事をしてる人たちの知識だめしのための趣味的な資格になっていて、マンション管理士専業で職業として成り立っている人はほんの一握りです。でも、マンション管理会社という圧倒的な知識・経験をもつ会社組織と、ただ同じマンションの住民というだけでつながっている管理組合という素人集団が、対等なパートナーとして渡り合うために、幅広い専門知識でサポートするという大事な役割がある資格です。
 私の「みなさんの お役に立ちたい」という思いの本気度を示す、大事なアイコンだと思っています。

 マンション住まいで、なにかお困りのことがあったら遠慮なくご相談ください、きっと何かしらのお役に立てると思います。

みなさんのお役に立ちたい

 新しい全戸配布チラシが完成、本日納品されました。

 前回は政策を中心にしたので、今回は人柄を中心に押し出しました。キャッチ・フレーズは

「みなさんの おに立ちたい」

  です。

 ところで、昨年11月頃に修道学区の渋谷街道沿いで後援会員さんへのあいさつ回りをしていた時に、ご婦人から

「ここの歩道見てぇな!ボロボロやろ?けつまずいて転けそうになるし、買い物カートとか引っかかるから、車道を歩いてるお年寄りがようさんおるねん。何とかならん?」

 とのご意見をいただきました。確かに、穴凹だらけで危ないです。

「わかりました。さっそく土木事務所に伝えます」

 ということで、その場で写真撮影。京都市が作成した、スマホのアプリで送信しました。 すると、翌月12月7日にさっそくお返事が、、、

f:id:kobakoba3:20190218221813j:plain

 おお!さっそく工事発注すると! 予算の都合などあるので、すぐには難しいかなと思ったのですが、イロイロとうまい具合にタイミングが合ったみたいです。やっぱり話を聞いてすぐにその場で行動にうつすのって大事です。

 ということで昨日、現場に行ってみました。

f:id:kobakoba3:20190218221953j:plain

 渋谷街道を西から東へ、順次工事をしていました。写真左はだいぶ東の方、右は西の方。東の方も、あとはもう時間の問題です。

 こんな感じで、みなさんのお役に立つ仕事ができた時は本当にうれしいです。

小林たかひろ事務所びらきを開催

 

f:id:kobakoba3:20190217204247j:plain

事務所びらき

 今日は、東山区今熊野宝蔵町の日本共産党東山区生活相談所事務所前で、府議会議員選挙に向けた、小林たかひろの事務所びらきを開催しました。写真は激励挨拶をする藤本貞子・元市会議員です。まだまだ元気印の貞子さん「東山の太陽」は健在です!

 さて、思い起こせば4年前の事務所びらきでは植松しげお・府議会議員選挙予定候補が直前ギリギリに立候補を決意いただき、候補者発表を兼ねた事務所びらきでした。

 つまり4年前は事務所開きの時点で街頭演説も有権者へのご挨拶もゼロからのスタート。今回は事務所びらきまでに約4ヶ月活動し、街頭演説回数は476回、直接対面対話した東山区有権者はのべ1596人という到達からのスタートですから、それだけでも全然違います。

 さらに今回はなんとも心強い強い味方が、、、そう、無所属・市民派の白坂有子さんです。沖縄県では(今まさに県民投票の真最中ですが)市民+野党の共闘で、基地押しつけの自民党・安倍政権と堂々と渡り合い、知事選挙・那覇市長選挙と連続勝利を勝ち取りました。-きっと県民投票でも圧倒的な勝利を勝ち取るものと信じています-私も、沖縄のように闘い、沖縄のように勝利する、、、そのための最高の条件が整いました。

 もう気合十分!自民党政治に少しでも不満のある方全員から、支持をいただくつもりでガンバります。

 定数1でも勝ちます!応援よろしくおねがいします。

 

追記:私のあいさつの動画ファイルが手に入ったので、公開します。

 

youtu.be

いよいよ明日、小林たかひろ事務所びらき-ぜひご参加ください

f:id:kobakoba3:20190216205140p:plain

小林たかひろ事務所 地図

 いよいよ明日、小林たかひろ選挙事務所を開きます。

 場所は、今熊野バス停から線路沿いに東へ50メートル、日本共産党東山区生活相談所の事務所をそのまま選挙事務所に模様替えさせます。

 ぜひご参加ください

 小林たかひろ事務所びらき

 時間 2月17日(日) 14:00~
 
(30分程度で終わります)

 場所 日本共産党東山区生活相談所
 
東山区今熊野宝蔵町9)