あと3日! 私一人の力では勝てません。皆さん広げてください!

f:id:kobakoba3:20190404195147j:plain

 今日の夜は、新熊野神社参集殿で今熊野・一橋地域の演説会でした。
  もちろん、白坂ゆうこさんもご一緒に。私からは沖縄で進む「保守と革新の共同」について触れて「安倍政権の進める悪政に苦しめられている地域で、保守と革新の共同が進んでいる。東山区において安倍政権の進める悪政が一番に表れているのは何か?民泊問題・観光公害問題だ」と指摘し、最近になって出会った「保守」の人からも共感が得られる手応えについて紹介しながら

 「立候補表明から5ヶ月、選挙期間は10日、私1人では勝てません。助けてください!」と訴えました。

 ということで、夜は東福寺の駅前で「投票に行こう」キャンペーンです。

f:id:kobakoba3:20190404201922j:plain

 参加者が日に日に増えてます。

 握手に応じてくれる人の割合も増えてます。

 手応えはすごく感じますが、もっと広げないと32年間続いた「指定席」には勝てません。皆さん広げてください。

 

 4月5日:追記

 妻が動画を撮ってくれていたので、You Tubeにアップします。

 


東山区府会議員候補 小林たかひろ個人演説会の訴え 4月4日 新熊野神社

 

あと4日! 有権者の変化を実感

f:id:kobakoba3:20190403224116j:plain

 

 写真は三条通り、演説を終えてから足を止めて聞いてくださったご婦人と握手をしているところ。こんな感じで、演説を最後まで足を止めて聞いてくれる人がどこで演説をしても結構な割合でいてくれます。前回・前々回にはなかった反応です。

 私の演説は、1ヶ所7~12分と、けして短くは無いのですが、東山の現状認識や、その解決策としての私の公約を、丁寧に語ると、どうしてもそれぐらい時間がかかってしまします。演説終わりまで飽きずに聞いていただけるのも、それだけ中身に共感していだだけているのだろうと、自負しているところです。

 さて今日は、嬉しいメールが届きました。3月18日のブログで紹介した、自称・保守の方から、こんなメッセージをいただいたんです。

お疲れ様です。期日前投票で小林さんに入れました。選挙権を得て30年近くになりますが、初めて共産党に入れました。これは、保守層がきちんと社会を保守できていないことの抗議を、小林さんへの一票に託したものです。これからも頑張って下さい!陰ながら応援してます。

  もう感激のあまり、涙が出そうになりました。って言うか、すいません嘘ついてました、涙が出ました、リアルに。  

 東山区というのは、市内11行政区の中で唯一の共産党議席・空白の行政区です。他の10行政区には、府会・市会とも、1~3議席共産党議員の議席があります。

 もちろん、東山区の人口が少ない=議員定数が、他の行政区より少ないこともありますが、一方で、伝統・文化の街として、分厚い保守地盤があることも事実です。

 ですから、私はこの間「保守と革新の共同」「沖縄のようにたたかって勝利しよう」をスローガンとして掲げてきたわけですが、それが、見事に実を結びつつあることを実感しています。

 残る4日間、全力でがんばります。

投票に行こう! 「指定席」に風穴を開ける

 

f:id:kobakoba3:20190402223230j:plain

 写真は、今熊野バス停前。党・今熊野支部が、毎週・火曜日の朝に定例の朝宣伝を数十年にわたって(中断はありましたが)続けてきた、定番の宣伝場所です。

 8年前の初立候補から、落選後も、火曜日の朝に今熊野バス停前でハンドマイクを使った演説・宣伝と、金曜日の朝に東福寺の駅前でのビラ配り・宣伝だけは、ずっと続けてきましたから、思い入れのある宣伝スポットです。今朝は「投票に行こう」プラスターをもって、今熊野後援会の皆さんとご一緒に宣伝しました。朝7時から、選挙カーから音を出せる8時まで、肉声で「投票に行こう!」と、呼びかけました。

f:id:kobakoba3:20190402224355j:plain


 夜は東福寺の駅前で、20時以降・選挙カーを使った宣伝ができない時間に、肉声で「投票に行こう!」と呼びかける宣伝を実施。

 宣伝中に、地元自治連合会で一緒に活動したおじさんや、体育振興会で一緒に活動したママさん、藤森祭りで一緒におみこしを担いだお兄さん、などなど、共産党つながりではない、地元での地域活動の中で知り合った人たちから、次々と激励の声をかけていただきました。

 それぞれの方と知り合った当時、こうやって候補者になる予定があったわけではありませんでした。むしろそんな予定がなかったからこそ、地域社会の1構成員として純粋に「皆様の、お役に立ちたい」という一心で、地域活動に参加できたんだと思います。(むしろ、自分の性格的には「選挙に出るためなんでしょ」って見透かされてたら、そういう活動はできなかったと思います。実はシャイなんです。候補者むきの性格じゃないんです。ホントに、、、^^;)

 今となっては「やっててよかったなぁ・・」とつくづく感じました。

 

 あと、最後に、業務連絡です。
 今日の東福寺駅前で宣伝中に、スポーツ・サイクルでさっそうと接近して「小林さん!応援してます!!ガンバってください!」と、握手をもとめてくれたお兄さんへ。私は深く感動しました。感激のあまり、名刺を渡しそこねましたので、ぜひとも明日以降も20:00~21:00に東福寺駅に立ってますので、お声をかけてください。

「定数1・指定席」の弊害-皆さん、投票に行きましょう!

 

f:id:kobakoba3:20190401212450j:plain

白川通り、練り歩き宣伝

 写真は、粟田学区の白川通り、古川町商店街を練り歩き宣伝を終えて出てきたところ。すれ違う人ほとんどが握手に応じてくれて、明るい雰囲気の宣伝で楽しかったです。
 さて今日は、今回の府会議員選挙が定数1に減って以来32年間、ずっと自民党の指定席になってきたことについて、一言、書きたいと思います。

 衆議院選挙の小選挙区もそうですが、定数1というのは与党・大政党の公認候補の指定席になりがちです。第1党と第2党の力の差が拮抗していればまだ良いのですが、実力差があると、第1党の公認をもらうことが当選への直通切符になってしまい、投票してくれる有権者よりも、公認をくれる組織の「上」と「内」にばかり目が行って、有権者による選挙の審判はヘタしたらセレモニーになってしまいかねません。

 有権者も自分の一票で選挙結果を左右できるとは思えなくなって、あきらめてしまい、結果、投票率が低下し、ますます少ない組織票で当選できるようになってしまいます。

 実際、小選挙区制導入以来、自民党の絶対得票数は減り続けていますが「指定席化」は確実に進行しています。負のスパイラルです。

 もうこうなってくると、党執行部に物が言えない「〇〇チルドレン」だらけになって、政治家の質は低下します。いっとき「魔の2回生議員」が話題になりましたが、これなんかも「定数1・指定席化」の弊害です。

 もちろん、対抗馬であるわが党の力量不足にも責任の一端はありますし、そこは真摯に反省をしたいとます。今回は、なんとしても選挙戦を盛り上げて、組織票だけでは当選できないレベルまで、投票率をあげたいと思っています。

 ということで、今日から東福寺の駅前で、投票に行こうキャンペーンを開始しました。

 

f:id:kobakoba3:20190401220134j:plain

 夜8時、選挙カーから音を出せなくなる時間から、肉声で「選挙に行こう」と呼びかける取り組みです。

 今日から毎日、4月6日まで、東福寺駅前に、夜8時集合、おおむね9時までの予定です。通りかかりにお気軽にお声掛けいただければ幸いです。

45年ぶりの社共共闘!ーつなぐ東山・白坂ゆう子 個人演説会

f:id:kobakoba3:20190331201934j:plain

 左から、社民党服部良一・元衆議院議員、大椿裕子・社民党参議院比例予定候補、白坂ゆうこ・市会議員候補、こくた恵二・日本共産党国会対策委員長、駒井高之・新社会党京都府副委員長、そして私。

 京都市内で、日本共産党社民党(旧社会党)が、公職の選挙で同じ候補者を支持して選挙を闘う『社共共闘*』が実現したのは、実に45年ぶりとのことでした。

 私は現在44歳ですから、もう生まれる前のお話しです。ひょっとしたら歴史的な瞬間に立ち会えたのかも。ちょっと実感がわかないレベルの凄さです。白坂ゆうこさん本当にすごいなぁと。

 この勢いを、府会議員選挙にもつなげていけば、定数1の選挙でも勝てると確信しました。ガンバります!

 (*共社共闘と書くべきとのご意見もあるかと思いますが、ここはあえて一般的になじみのある用語で書きました)

期日前投票スタート! 今日から毎日が投票日

f:id:kobakoba3:20190330230257j:plain

 昨日の京都新聞に、選挙人名簿の登録者数が発表されていました。

 京都市内では、府・市議選挙としては初めて18歳選挙権で実施される選挙ということで、全体として有権者数は1・87%増、東山区以外の選挙区では軒並み前回比で有権者数が増えていました。

 東山区はというと、、、18・19歳の有権者が増えたぐらいでは補えないレベルの人口減少が続いているということで、市内11行政区の中で唯一、前回比マイナスです。

 これ、本当に深刻だと思います。お宿バブル・観光バブルで、地価上昇・住宅価格上昇が極端に進むと、この傾向はさらに加速度的に進むことでしょう。

 こんなところにも、観光公害の影響が見て取れます。このトレンドに歯止めをかけねば!

いよいよ告示!住んでよし、訪れてよしの東山区をとりもどす! 

f:id:kobakoba3:20190329213945j:plain

 写真は、昼過ぎの三条通り。府委員会の大型宣伝カーで訴えているところ。
 東山区にとっては、とっても縁起の良い、東山区自民党を追い抜く、個人票・比例票を叩き出した、西山とき子・参議院議員です(1998年・参議院選挙)。「自民党共産党の一騎打ち、けっきょく自民党の指定席でしょ」とあきらめている東山区民の皆さん! そんなこと無いんです! 自民党に勝つこともあるんです。

 そして、西山とき子さんが自民党に勝ったときの参議院選挙の最大の争点は「消費税増税」と、まさに今回と同じ構図。もうこれは、勝つしかありません!

 ということで、選挙本番に入ったので、主な演説会の予定を告知します。

3月30日(土) 19:00~ 西福寺
3月31日(日) 13:30~ 東山泉小学校(西学舎)
 *こくた恵二・国対委員長 浜矩子・同志社大学教授など有力弁士多数
4月1日(月) 19:00~ 貞教会館
4月3日(水) 14:00~ 柿本町会館
4月4日(木) 19:00~ 新熊野神社
4月5日(金) 19:00~ 白鳥会館

 ぜひ、ご参加ください!